» ピアノの運送のブログ記事

引越しをした後にピアノを弾いてみると、音がズレていることが多くあります。

 

それは振動などで狂ってしまったからです。

 

ですので、運び入れた後は、しっかりと確認しましょう。

 

引越し業者にも、上記のようなトラブルに備えて、専属の調律師が居ることがあります。

 

また特典として付いていることもあります。

 

このようなところを利用すれば便利です。

 

ただし、これはごく一部に限られるので、よく確認して下さい。

 

 

 

 

 

特典の場合の注意

| ピアノの運送 |

引越し業者によっては、特典としてピアノの運送をしてくれるところがあります。

 

普通は専門の会社に頼んで運んでもらう必要があり、その分の費用がかかるので、かなり嬉しいサービスと言えます。

 

ただ、振動などで音が狂ったりと、一般の運搬方法では不具合が出るので通常は専用のところに頼むのです。

 

それを知らずに、引越し業者が持って行ってしまうことが稀にあります。

 

そうなると、他で調律してもらわなければいけません。

 

ですので、特典として付いている場合にも、アフターケアは万全かなどいろいろ調べて下さい。

 

 

 

 

ピアノを運ぶとき普通の引越し業者では、不具合が出ることが多いです。

 

特になんの知識も無いと、100%音が狂ってしまいます。

 

ならどうすればいいかというと、専門の運搬会社が存在しているので、そこを利用して下さい。

 

振動や空調、湿気などに注意して運送するので、新居ですぐにピアノを弾くことができます。

 

万が一の場合も、対応できるスタッフが居ることがあるので安心です。

 

またここは、完全にそれだけという場合もありますが、他の楽器も運べることがあります。

 

ちなみに、通常の引越し業者でも、ピアノ運搬の知識があることがあるので、確認してみるといいでしょう。

 

 

 

 

ピアノは、普通の家具のように運送することができません。

 

湿度や空調、振動などで音色が変化してしまうからです。

 

普通のトラックなどで運ぶと傷んでしまいます。

 

ですので、引越しの時は専門の運搬業者に依頼しましょう。

 

そこなら、調律師がいる場合も多く、もしも音が狂っても直してくれるでしょう。

 

また、サービスでクリーニングなどをしてくれるところもあるのでお勧めです。

 

 

 

 

 

専門の業者が安心

| ピアノの運送 |

piano480

 

ピアノなどの楽器は、少しの環境の変化や衝撃などで、音が変わってしまうものが多くあります。

 

バイオリンや、木琴などもそうです。

 

引越しでこのようなものを運ばなければならないときは、専門の業者に頼みましょう。

 

また、特殊な運搬方法をとったりするため、普通よりも値段がかかります。

 

このことに触れないような会社は、危ないのでやめておきましょう。

 

下手なところを選ぶと、大切な楽器が壊れてしまう可能性があります。